読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せ四畳半

ぎしぎしの雑記置き場。何か色々書くかもしれないし書かないかもしれない。

ナマコブシジャロ―ダ[シングル63][MASTERS予選抜け(6-2)]

ポケモン(ゲーム)

2017/02/26に行われた流星群主催のMASTERSオフ使用構築。

予選抜け、本選1回戦敗退でした。自分でも自信のびみょい構築だったけど一応は予選抜けたのでサクッと解説。

f:id:yasu0501fatestaynight:20170227142129p:plain

・パーティー解説

 

f:id:yasu0501fatestaynight:20170227142207g:plain

ナマコブシ
ずぶといHB特化
てんねん
どくどく/じこさいせい/おきみやげ/バトンタッチ
ゴツゴツメット

弱い。けど構築のクッション役。
どの位弱いのかというと補正有マンダのおんがえしで乱数2発。ガルマンダのすてみタックルは受かりませぬ。ブレイククローガルーラがグロパンになったから活躍の出番かと思ったら捨て身が受けきれなくて苦笑しました。

採用理由は特性によるパルシェン(印怯みは知らない)、アタッカーミミッキュの完封、後攻バトンによる対面操作から。

ガッツリ受ける、というよりゴツメで削り、アタッカーの圏内に入れる動きを目的として採用しました。実際選出誘導力自体は高く一度もパルシェンを出されなかったので割と頑張った。

個人的にコイツを採用する際おきみやげ以外の3枠は固定と思っており、今回はおきみやげで後続の起点を狙い、光る場面も多かったので良かったかなと。

ネームパワー的に養殖天然残飯分身ナマコブシとかいうのを使いたかったけど流石の不採用。レートではすることないときに積んだ1分身バトンで後続のアタッカーが避けて笑ったりしてました。

f:id:yasu0501fatestaynight:20170227142202g:plain

ジャロ―ダ
おくびょうCS特化
リーフストーム/ミラーコート/めざめるパワー(岩)/ちょうはつ
きあいのタスキ

強い。しかしボーマンダに初速負けするようになったのは死ぬほど辛い。リザードンウルガモスの流行を考えてめざパ岩採用が栄えた。カミツルギがオフだと流行るようでめざ炎も欲しくなったりするので難しい所。初手ガルバシャ対面で身代わりされてからナマコで削り、バシャで身代わりを割ってこの子でガルコケコレヒレを3縦したときは脳汁溢れましたね。
この子も童貞杯のゲンガーのときの後輩産でリーフストームを一回も外さない天才ぶりだったので次からも個体乞食するのが良いかもしれない。

f:id:yasu0501fatestaynight:20170227142209g:plain

カプ・レヒレ
おくびょうCS特化
サイコキネシス/ムーンフォース/シャドーボール/サイコショック
こだわりスカーフ

微妙。レートでは強いがオフだと存外選出しにくかったり。ミラー意識のおくびょう(という名の自己産がこれのみなだけ)。勇気を出してこだわりシャドーボールをする覚悟が必要。

 

f:id:yasu0501fatestaynight:20170227142215g:plain

バシャーモ
いじっぱりAS特化
フレアドライブ/とびひざげり/つるぎのまい/まもる
ホノオZ

強い。構築でボーマンダに弱すぎたため岩Zもあったかなと思うが技スぺの捻出が厳しい。

f:id:yasu0501fatestaynight:20170227142241g:plain

ランドロス(霊獣)
いじっぱりhDSベース
じしん/がんせきふうじ/とんぼがえり/ばかぢから
とつげきチョッキ

微妙。今回の反省枠。準速パルシェン抜きをしつつテテフに厚めのDSベースにしたところ、普段の意地Aぶっぱの火力が恋しい場面も多く、本選での負けもこいつの火力不足。テテフに受け出す機会も少なく、物理相手の仕事も多かったのでHAオボンみたいなのが良かったかもしれない。

f:id:yasu0501fatestaynight:20170227142228g:plain

ミミッキュ
いじっぱりAS特化
シャドークロ―/じゃれつく/つるぎのまい/かげうち
ゴーストZ

めっちゃ強い。今回の圧倒的KPからも分かるように型豊富のミミッキュを入れない理由を作るのはなかなか難しい。シャドークローZはシャドークロ―の2倍の火力が出るので本当に頼もしい。

かげうちZには気を付けよう。

・運用

特に基本選出は決めてないが、バシャーモミミッキュ、ジャロ―ダのいずれかを通す形で選出を考え、他の5匹から削りに適した2匹を選ぶ。その際2Z選出は厭わないこと。メガ<Z技の評価も多く、自分もそう考える。しかし、Z技は強力であるが、無駄にオーバーキルする必要はない。このときに重要なのは「Z技を有効に1回使う」ということ。まだ自分でもそれを実践できていると思えていないのでもっと構築力を磨きたいと思う。

・雑感

今日はQRレンタルパのお話。

今回使用したバシャーモはドリームボール入りだったので教え無いのバレるポンコツぶり。QR可のオフ会だったので自分でレンタル登録、QR印刷、レンタル削除でボールを隠して来れば良かったと気が付いたところからのこのお話。

実際にこの戦法はかなり有効であり、ヘドロウェーブゲンガーやハッピータイムゲッコウガを使い、オフ会がQR可のときは必ずそうしたいなと思った。性別以外の出てきた時点でバレる情報が隠せるのは戦術としてはかなり有効だと思う。普通のゲッコウガを使うにしてもQRフィルターなら相手はハッピータイムの警戒をしないといけない訳で。

他にも、GTS産などの出所不明の個体を禁止してるのにQRの個体の出所はどうするの?とか、自分のGTS産をQRフィルター通せば使ってもいいの?とかQRレンタルに関しては色々と気になる点は多い。

QRの出所を明記するみたいな話も聞いたし、QRに関するルール調整は非常に扱いにくい点だなと。

正直僕はGTS厳選した中で6Vとか元々100レベみたいな怪しいのは弾いた上で正規手段で再現可能と判断したものはレートで使ってます。前回のカグヤブルルもぶっちゃけGTS産だし。ちゃんとルールでGTSについての文言とかないのは確認しましたし、速さ的に禁止にするのは厳しいという主催らの考えもあったというのも慮ってます。

過激派考えとしてはGTS産に改造と言いながらShowdown使ってる奴とか片腹痛くなるんだけど冷静にそっちの方がヤバいでしょゲフンゲフン(僕もShowdownしたことあるし別にShowdown云々の話ではない)。後はミラクル産やGTS産を親にした個体はどうなのかとか。自分の使ってる6匹の家系図で確実に潔癖ですって言える人はすごいなぁと思います。友人から貰った親もその親はどうだみたいな。オシャボ、遺伝、夢特性GTSミラクルって凄い便利だし。こういう線引きって個人で違うからこの議論をするつもりは特にないです。たかが雑感だよ。

もちろんQR禁止にするのは色々と丸いけど、そうやって蓋ばっかするのは皆が不自由になるわけでQR禁止!って言う話がしたい訳でもないです。ここまで運営批判の気なんか全くないから変に解釈しないこと。

こうやって色々いちいちしつこいぐらい補足、注釈、予防線確保しないと雑感としても過激な話題だ。超デリケート。TL荒れちゃう。

もしもしこれを読んでるオフ勢がいらっしゃって、そういうことについて考える機会があり、判断材料にこういう考えの人もいるんだなと思って頂けると幸いです。(もちろんこういうルールにしろとかじゃなく個々人の線引きry)

適当な雑感なのに長引いたのでここらで〆ます。運営の流星群の皆様、対戦して頂いた方々ありがとうございました。また機会があればお会いしましょう。

 

ジュナイパーラフレシア (XY-SMスタン)

ポケモン(カード)

とりあえずサイド落ちとかで限界見えたので一旦供養。その内マシェードとか入れつつ掘り起こす予定。

f:id:yasu0501fatestaynight:20170116163801j:plain

 

モクロ― 4
フクスロー 4
ジュナイパーGX 4

ナゾノクサ 2
クサイハナ 1
ラフレシア 1

アンノーン 4
シェイミEX 2

巨大植物の森 4

ハイパーボール 4
レベルボール 4
トレーナーズポスト 4
ダートじてんしゃ 4
ローラースケート 2
活力剤 2

リーリエ 4
N 2
AZ 1
クセロシキ 1

本草エネルギー 3
ダブル無色エネルギー 3

ルール改訂から、アンノーンとモクロ―orナゾノクサのハンドで後攻取ったときはアンノーン前でビークイン匂わせてからラフレシア奇襲すると勝てます。

無理にラフレシアを立てたときはラフレシアを壁にしてフェザーアローでチクチクした後にラフレシアを倒されてから活力剤で即回収したりしましょう。

ラフレシアクサイハナの2枚がサイド落ちするとすぐしんどくなるのはダメですね。ゲロゲやエーフィと組ませるのが無難です(結論)。

トリルゲンガー入り受けル擬き[シングル63][VirginCup2位]

VirginCup2位 ポケモン(ゲーム)

こんにちは、クリスマスイブに行われたバンク解禁前のSMシングル大会、virgincupにて、自分でも予想外の2位まで進めたので構築記事としてあげたいと思います。童貞準王という称号は嬉しくないかもしれないな?拙い記事ですが読んで頂けると幸いです。

[使用パーティ]

f:id:yasu0501fatestaynight:20161226170933p:plain

ハピナス ゲンガー カプ・ブルル テッカグヤ ナマコブシ ドサイドン

自分でも見てウゲってなるハピナスゲンガーの並びに七世代の高耐久ポケを3匹、地面枠としてドサイドンを突っ込んだもの、各個体詳細については以下。気付かなかったけど今回ゲーム内で50lvにする施設、ツリーしかないんですね(バトル検定みたいなのをどっかにあったら教えて下さい)、あと七世代の努力値逆算ツールが欲しい。

[個体解説]

f:id:yasu0501fatestaynight:20161226165158p:plain

ハピナス@きれいなぬけがら

ずぶとい

実数値 330-X-68-106-155-97

努力値 0-0-252-84-0-172

てんのめぐみ

かえんほうしゃ タマゴうみ アロマセラピー どくどく

Bぶっぱ、Sを4振りハッサム抜きにして残りC。

今回の受けループ選出の要。まぁ比較的普通のハピナス。ラッキーと比べると流石にD方面にそこまでの耐久性がないのでジバコやコケコのボルトチェンジで回され続けるとしんどい。

特殊方面に受けだし、毒を撒く、放射で裏を焼くなどの役割。ポリゴン2の流行りでどくどく持ちも増えているため、セット運用するナマコブシの毒も直してくれる便利なアロマセラピーを搭載し、少しでもやけどの確率を上げるてんめぐ仕様。

今回はふしょくによるテッカグヤの毒もセラピーで直したため大活躍した。カグヤにやどりぎを入れられると相手のカグヤがアホみたいに回復するので勘弁してほしい。

・改善点

意外に一番打たなかった技はどくどく。このPT全体に鋼が刺さっているのでそりゃあ打つ機会なは少ない、このPTにぶっ刺さってるレヒレとカグヤ、ギャラドスに打てて命中込み麻痺率40%を誇るかみなりにするのが良さげ。

f:id:yasu0501fatestaynight:20161226165422j:plain

ゲンガー@ゲンガナイト

おくびょう

メガ前実数値 136-182-X-80-95-178

努力値 4-0-0-252-0-252

のろわれボディ

シャドーボール ヘドロばくだん みちづれ トリックルーム

このPTの地雷枠CSぶっぱメガゲン。この型自体は結構有名だが、このPTを見てこれと見抜く人はいないだろう。いないで。

ほろゲンだと思って舐めてくる相手をワンパンし、みちづれの仕様変更で一回目のみちづれに失敗したときにトリックルームを押して確実に決めていく。りゅうまいギャラドスボーマンダに対しては殴られないこと請け合いでトリルが決まるので、そこからみちづれ、攻撃、交換の3択をこちらからは仕掛けられる。

トリル下でドサイドンが暴れるのがこのPTの強い勝ち筋の一つであるが、あくまで仕事はみちづれで一匹持って行ってくれること。耐久無振りなので等倍技でも落ちる。

また、PTで相手のメガゲンが重すぎたため、同速勝ちでの処理も終始お願いした。後輩からサークルでの野生マルチの景品でもらった個体だったが、実は4、5回同速勝負(コケコ込み)をしたが一回も負けてない、後輩に感謝。

・改善点

もう少し耐久に回しても良かったかも。

f:id:yasu0501fatestaynight:20161226165208p:plain

カプ・ブルル@クサZ

いじっぱり

実数値 145-200-136-X-115-127

努力値 0-252-4-0-0-252

グラスメイカー

みがわり やどりぎのタネ ウッドホーン ウッドハンマー

地雷枠2となるASブルル。上から相手をクサZで吹き飛ばしたり、半減相手にもクサZでよく分からないダメージを叩き出すのでガルドやジバコには容赦なくクサZ、カグヤとハッサムはごめんなさい。

Sに振るとトリルと嚙み合わないが、トリル自体がギャラやマンダの前以外だとそんなに決まらないのでSに振ったことは正解だった。ブルルに出てくるカグヤにはまずやどりぎから入り、相手のやどりぎを透かして身代わりで粘ることを意識した。ギルガルドにもまずはやどりぎから入ることが多かったが、ラスカノで飛ぶので怪しい択だった。

グラスフィールドにより、ゲンガーとドサイドンがじしん等倍になり、回復技のないドサイドンが回復するのと、何よりグラスフィールドの回復順で相手とのS関係が分かる。S関係の情報は非常に役に立つのでそこは注意した。

・改善点

ぶっぱ努力値だが確実に耐久に振った方が良かった。特にギャラのこおりのキバとカグヤのヘビボン、かえんほうしゃのダメージは考慮しておいた方が良い。

また、ウッドホーンという技を活かせたことが一度も無かった。草技が通る相手にはウッドホーンでとっとと処理してもらうし、通らない相手ならやどりぎを打つためである。まもるにしてやどまもみが、かなしばりにしてカグヤを黙らせるなどの戦法をとるのも良いだろう。

f:id:yasu0501fatestaynight:20161226165205p:plain

テッカグヤ@たべのこし

なまいき

実数値 204-122-123-127-168-72

努力値 252-4-0-0-252-0

ビーストブースト(D上昇)

まもる やどりぎのたね ヘビーボンバー だいもんじ

HD特化カグヤ。物理に寄せることも考えたが、炎Zガブリアスの流行などで役割破壊されるので物理受けにすることの旨味を感じなかった。タイプ的に止まる物理はH振りだけでも止まるので如何に不一致電気、炎を耐えるかに重点を置いた。やどりぎは勿論、まもるは不意の炎Zを耐えたり、コケコやジバコなどの拘りがちなカグヤへの有利ポケモンに交代読みをさせないため必須。残りは安定技のヘビーボンバーに、鋼が重いことからだいもんじを搭載。任された仕事は確実にこなす仕事人であった。

・改善点

打たなかった技はだいもんじハッサム入りに対してはまずハピナスを優先したためである。ミラーに対して強くしたいなら火炎放射、ギャラの起点回避まで含めて電気技や草技、有利対面で使えるみがわりなどの方が良かった気がする。

あるいはこいつも対面性能の高さからトリル下でも暴れられるアタッカーにしても良かったかもしれない。

f:id:yasu0501fatestaynight:20161226165209p:plain

ナマコブシ@ゴツゴツメット

ずぶとい

実数値 162-X-200-X-151-10

努力値 252-0-252-0-4-0

てんねん

どくどく じこさいせい ちょうはつ バトンタッチ

HB特化ぶっし。マスコットっぽい外見からは見合わない高耐久ポケモン。特性てんねんによりマンダのりゅうまいやハッサムガブリアスつるぎのまいを黙らせることが出来る、ギャラドスはかたやぶりなのでダメです。また、ちょうはつにより相手の交代先にちょうはつを入れて毒撒きを防止したり、後攻バトンで確実、安全に後続に繋げる見た目以上に器用なポケモン。メガゲンのほろびにもバトンで対応可能だがちょうはつされるとわるあがきしはじめる。可愛い。

・改善点

一番打たなかった技はどくどく、なのはハピナスと同じ理由なのだが流石にここを変えると何も打点がないので、ちょうはつをみずびたしにするのが良さそう。交代先へのちょうはつは悪くはなかったのだが、ちょうはつが切れたターンに相手の方が速いので長期居座りに向かず、みずびたしからのどくどくで鋼を毒にする方が賢い。

 

f:id:yasu0501fatestaynight:20161226165246p:plain

ドサイドンとつげきチョッキ

いじっぱり

実数値 191-211-151-X-100-67

努力値 4-252-4-0-196-52

ハードロック

ロックブラスト ストーンエッジ じしん つのドリル

対面の鬼ドサイ先生。ADベースのチョッキ運用で、一応4振りAガラガラを抜くようにSを振ったが全く出てこなかったので無意味。

今回のMVP。ゲンガーが一匹処理かトリル状態を作ってくれるのでそこから暴れることが基本となる。じしんまでの3Wはすぐに定まったものの、こおりのキバは弱すぎ、がんせきほうまで考えるほど最後の一枠をどうしたものかと悩んだときに過去チョッキランドのラスト枠でも悩んだのを思い出し、そのときに先輩から言われたじわれに倣いつのドリルを搭載。実際ドサイドンならテッカグヤに有利を取れると思っていたが現実は体重280kgのヘビボン威力100で全くよろしくなく、変わらずカグヤが重い状態であったので3割に魂を込めて採用した。そのドリルの命中率は脅威の2匹/4匹(試行回数的には1/3程だったが当てたときは1発当てをしたため完全に運勝ち)。これが無かったら決勝までこれなかったため大活躍である。

やどりぎとグラスフィールドにより、ブルルから出すドサイドンは非常にタフな要塞になる。これでもHB4振りずつなんだよなと試合中その硬さに驚かされた。デンジュモクのエナジーボールも耐えるD方面の硬さも良い。大会前にあまりにも岩技を外すため、別の地面枠を考察したものの、当日にドリルを当てて挽回してくれたので外さないで良かった。

・改善点

Aを削ってHB方面に割いても良かった。カグヤへのロクブラも考慮してA特化にしたが、みがわりさえ壊してくれればあとはドリルを当てるゲームになっていたのであまり関係なかった。HBカグヤじゃなければ岩技でも押し切れるのだが、その分別は非常に難しかった。

[PT運用]

ゲンガードサイ+ブルル(カグヤ、ナマコ)

ゲンガーハピナマコ

受けループに対しては先発にエースが出てきて全抜きを狙われるケースが多く、それをゲンガーに処理してもらい、残りをハピナマコで受けきるか、ブルルのクサZで強引に持って行ったあとドサイに繋ぐ。

相手のエースがギャラやマンダのとき、トリルがまず決まるためそのときはドサイでひとしきり暴れた後、カグヤかナマコで詰める。ゲンガードサイブルルだとカグヤが重すぎるが、相手のPT的にどうしようもないと思ったときはドリルに頼った。

ハピナマコ+ブルル(カグヤ)

ハピナマコのサイクルにバトンタッチからのブルルクサZで強引に相手のサイクルを崩壊させてハピナマコで詰めるか、ハピナマコカグヤの三匹でひたすら受けまわす。こちらでのカグヤの処理は、ハピナスではカグヤをみれないためブルルのやどりぎからナマコバトンみがわりブルルナマコ交代で根性の受け回しにより勝ちをもぎ取った。

[辛い相手]

テッカグヤ

再三再四言うようにテッカグヤが重い。KP3位こいつが重いって欠陥構築みたいなもんだがそれでもここまで来れたのはブルルドサイのおかげである。器用だし耐久だかアタッカーだかも分からずゲンガーで滅ぶのも難しい。本当につらい相手だった。

カプ・レヒレ

毒にならない、ちょうはつ持ちでかなりしんどい。こいつだけならブルルがいるが、ありがちなハッサムレヒレの並びに対してはどうしようもない。予選ではナマコハピブルル対ハッサムレヒレジバコでお互いにサイクルが崩せず1分けとなった。

カプ・テテフ

電気Zを引っ提げられるとカグヤが倒されてしまいそのまま負け一直線。ハピナスにはショックが飛んでくるため完全に受けが崩壊する。ただし、このPTにスカーフテテフは出しにくいため、出てくるテテフはゲンガーで強引に倒した。スカーフ切ってるのってどうなのと言われるとその通りである。

ハッサム

草1/4はブルルの草Zでも流石に決定打にならないのでよろしくない。こいつだけなら炎技やナマコで止まる以下同上。

ガルーラ

グロパンならナマコのカモなのにブレイククロ―ってなんだよ、Bダウンは受けきれないよ。

メガゲン

ちょうはつで大体黙る。ドサイをみちづれされるのも非常につらいためゲンガー同速勝負となる。つらい。

カプ・コケコ

物理コケコだったらサイクル崩壊請け合い、くさむすびも怖い。ちょうはつで黙る。メガゲンよりは交代戦が出来、ブルルもいるがやりたくない相手には間違いない。

ギャラドス

ナマコで見れない物理積みAT。ブルルもこおりのキバで致命傷を負ってしまう。よろしくない。

他にも上げればキリがないが、あくまでこちらが受けループと思われての選出がされるため、予想よりもゲンガードサイブルルが通った。

[雑感]

元々キュウコン軸を運用していたが廻り廻ってどうしてこうなった。いやまぁ真面目な推移としては、キュウコンロックカットドサイからナマコバトンの考察、ナマコバトンから受けナマコの考察、受けルナマコバトンロックカットドサイ、トリル受けル←今ここ、みたいな感じなんだけど振り返るとよくわかんない推移である。最終的にはハピナマコ、ブルルカグヤのセット運用が強いから両方突っ込んでゲンガー入れて地面枠をマンムーとか控えめめざ地シルヴァディとか考えてドサイに戻ってきた。

正直自分でも2位が信じられない。そりゃ↑見ればわかるように強いやつに弱いPTなんだから構築に自信はなかったもの。ポケサーでは元々どちらかといえばポケカをやってるだが、環境考察とか構築作りは好きなんだけど暗記が苦手で、数値を覚えるのがとっても嫌い。オフに求められがちな電卓計算も出来ないし、PP数えるのとかも苦手である。そんなでもここまで来れるんだなと。出来る人をどうこうではなく、出来なくても可能性があることは伝えたくこうやって記事にしました。サークルの縁でこうやってオフに出られているし、こういう縁は今後も大事にしたいし、そういう縁があればぜひ軽い気持ちでオフ参加することをお勧めします。

そういった縁を作ってくれてる運営や、新しく今回出来たご縁に感謝を改めて。

最後に運ゲーについて。

全体でドリル当てて勝ったのは2試合だけ(?)だからそこまでドリルゲーじゃなかったことだけは言っておきたい。ゲンガーの同速勝負に関しては全勝してるのでこちらは自分の豪運に感謝である。順当負けを運勝ちにする一撃必殺は一回も負けられないトーナメントではやっぱり強い。決勝でもドリルが当たれば勝てたがこれを外して負けるのは運負けではなくただの順当負けなので仕方ないことである。大会でどうしようもないときに運勝ちを狙いに行くことは強いことであり、運勝ちだってこうやってドリル搭載なりプレイングでその状況まで持っていく必要があるわけで思考停止でやってる訳じゃないとだけは言いたかった。まぁスタン構築とか使ってる人には勘弁してほしい話だろうけど。僕もドリル当てられたら手のひら返して運ゲーって言います。

 

我が家のお稲荷さま。(ポケモン編)

ポケモン(ゲーム)

くっそ久々のブログ更新恥ずかしくないの?

学祭記事をそのまま眠らせるのもアレだったんでこっちにもキュウコンドット絵に関する記事を載せたいと思います。

因みに今回の学祭でのモザイクアート(予定)のニャビーの アイコンをSMの動画から打ち直しました。戦闘の 3Dモデルもいいけど手持ちのアイコンはずっとドットがいいなぁ……

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109234625j:plain

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109234630j:plain

↑当日はこんな感じ、カードって縦に長いから上手く作るの難しいなぁ

 

1.キュウコンについて(一応)

 ご存じ初代から出てくる図鑑No.038のポケモン。合計種族値505と控えめな数値なものの、隠れ特性として手に入れた「ひでり」により特攻種族値81にも拠らずシャンデラ並の火力を(炎技に限り)放つことができる。火力に関してはリザYでいいとか言わない。  育成論についてはグーグル先生に聞いた方がいいと思うので、今回はキュウコンドット絵を始めとするイラスト面に絡めて語って行こう。

2.各世代のキュウコンについて

 まず、ドット絵作成について、限られた範囲の中で使い回すこと少なく何種類もの動きやポーズを構築するのは素晴らしいことである。特にキュウコンは、九つの自分の体と同じサイズにも及ぶ特徴的な尻尾がある。この最大のアピールポイントと同時に行ってしまえば構図を考える上で非常に厄介な尻尾を上手く収めるところに注目して次のページに移ってもらいたい。 通常色で一先ずズラッと並べてみる。

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109234009p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109234008p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109234005p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109234001p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233959p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233955p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233951p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233946p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233945p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233942p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233940p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233924g:plain

 キュウコンというとやはり座り姿が印象的であるが、案外コイツ立ってるな、というのが分かる。XYの3Dモデルも参考までに載せてみた。やはり尻尾が全体の1/3~1/2を占めているので、左右の向きを変えてみたりとしたりという工夫が見える。それぞれのバージョンごとに大まかに見ていくとしよう。

○赤緑青黄

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109234009p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109234008p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109234005p:plain

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109234007p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109234006p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109234007p:plain

 左から赤緑、青、黄である。後姿は同じ。初代のドットはどのポケモンも動的であり、キュウコンも例に漏れずいい動きを見せている。火を噴くのが見られるのはこの世代だけ。赤緑青、また選出のドットではこのときの頭の毛並みが纏められているのもまた特徴的である。狐の首、頭、尻尾に炎の揺らめきを毛並みとして付けた印象を受ける絵だ。黄では頭の毛並みがイラストのように分かれ、尻尾を背面全体に表現する立ち絵となる。この構図は後にもなく、個人的に白黒ドットでの表現としては綺麗さを感じる好みの絵だ。

○金銀クリスタル

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109234001p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233959p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233957p:plain

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109234000p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233958p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233956p:plain

 

 金、銀、クリスタル。後姿は金&銀、クリスタルの順。金は青の構図に似ている。銀は向きを変え正方形を一杯に使った表現だ。銀はそのため頭の毛並みを垂らして正方形に収めたりしている。後姿では首先だけでなくトレードマークの尻尾も写り込むようになった。また、この頃から色がつくが、キュウコンは一色で表されていり、まだ赤目の特長はないが、毛先の色が濃いことが表現され始めた。クリスタル版では彩度が上がってより金色に。クリスタル全体でその傾向が見られたためカラフルになったのだろう。金とほぼ同じドットだが後姿で尻尾の数が増えている。

RSE

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109233955p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233856p:plain

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109233952p:plain

f:id:yasu0501fatestaynight:20161110000502g:plain

 エメラルド版のみ二番目の吠える絵が加わり登場時に吠えるモーションが加わる。アドバンスになり線と色合いが滑らかに。この頃は頭と首にぼさぼさ感が多少出ているのが特徴。赤目も表され始めたが金銀で表された毛先の濃さはなくなった。また、尻尾の内数本を立て、数本を寝かすようにしたのもこのときが初めてだ、今回のは7-2分け、とでも呼んでおこうか。これにより尻尾が自然体に感じるようになった。エメラルド版では前足を立てて吠える。可愛い。世代を通して一番尻尾が小さく収められてるのがこの頃、絵の中で9本収めることを止めたためであり、その分スマートなサイズ感を得た。

○FRLG

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109233951p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233950p:plain

 RSEに比べガタイが良くなったのがFRLG、尻尾もボリューミーになった。最大の特長は色合いの変更。今後のキュウコンはこのカラーが基本色となっていくRSEのカラーに比べ落ち着いた色になった。前のカラーが狐色に近いのに対し、こちらはどちらかというと油揚げの色と言ったものか。個人的にこちらの色の方が好ましい。また、後姿において尻尾を立てるようになった。いままでの流し尻尾と比べると、立絵を後ろから見たものに近くなった。

○DPt

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109233949p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233946p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233945p:plain

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109233948p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233944p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233943p:plain

 DP、Pt(二枚)。カラーになっての初立ち。構図は同じだがPtは四肢と首がすらっと長くなっている。このドットの特徴としてはこの構図により尻尾と体をほぼ被らせずに描けていることになるだろう。また、毛先がオレンジ色としての色を持つようになったのがこの世代から(厳密にはFRLGの連れ歩きからだがイラストとして)。個人的には色を付けてない方が好きだったりする、この毛先だと尻尾でものを刺せそうだ。後姿も尻尾が丸まり、その毛先が写るようになっており、頭部襟元の毛がボサボサからフサフサになった。 またもう一つ大きなポイントがあるのだが、それは色違いの絵になるので後程に記載することにしよう。

HGSS

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109233942p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233941p:plain

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109233944p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233943p:plain

 HGSSは金の立絵を踏襲していることが感じられる絵だ。当時に比べるとトレードマークの尻尾がより大きく表されている。後姿はDPtと同じ。片足を上げて吠える、というモーションは画面一杯に尻尾を収めるキュウコンのモーションとしては最も動かしやすい動きになるからであると思われる。 ○BW

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109233940p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233938p:plain

f:id:yasu0501fatestaynight:20161110000507g:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161110000504g:plain

 皆おなじみBWシリーズ。立絵は数々のキュウコンのイラストでもっともおなじみの座り絵を完璧に再現している。尻尾の5-4分けも良い。後姿が全体像となり、綺麗に丸められた尻尾が完全に根本に戻ってきているのが分かる。イラストとしては綺麗だがアニメーションだと結構尻尾が窮屈そうに感じる。2Dから3Dになって尻尾がサイズ制限から開放されたのがキュウコンの尻尾にとっては朗報だったに違いない。

○XY以降

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109233924g:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161110000457g:plain

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109234012g:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161110000447g:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161110000452g:plain

 ここまで来たらついでにXY以降も。モデリングとして綺麗な色付きと、尻尾先の色が控えめになったのが個人的に好ましい。座って欲しいと思ったときは是非ポケパルレに。5-4分けのキュウコンに会うことが可能だ。3Dモデルでは開放的なキュウコンの動きが楽しめる。特殊技系のモーションの尻尾上げも魅力的だが、物理技系のモーションの尻尾薙ぎ払いは一見。かなりカッコいいが、物理メイン技となるフレアドライブでは見ることができないので注意が必要だ。自分はよくトリプルで石化のエフェクトで見た。

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109233904j:plain

 

ポケパルレキュウコン

○色違いについて

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109233903p:plain

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109233902p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233900p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233859p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233858p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233857p:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20161109233911p:plain

 金、RSE、FRLG、DP、HGSS、BWの順で色違いを並べてみた。キュウコンの色違いは当初は白銀に近い傾向であったが、先にちらと述べたようにDPの頃から蒼に近い色を醸し出すようになっている。これは毛先が青になった影響があると思われる。自分的には白銀の毛並みが好きだったりするが、蒼は蒼で狐火の神々しさを連想させるのでこれもまた味である。

3.キュウコンの今後

f:id:yasu0501fatestaynight:20161109233910p:plain

 SMシリーズでアローラの姿として新たなキュウコンが紹介されたので立ち絵を基に少しドット化してみた。 氷タイプにちなんだ薄い色合いのため、もうちょっと外枠の黒を薄めた方が良かったかもしれない。 アローラキュウコンはこれまでのキュウコンよりも優雅さが出てきて美しいという感想が浮かぶが、抱き心地はちょっと冷たそうだ。アローラキュウコンの魅力は今後に期待。それでも僕は黄色いキュウコンを使い続けそうだけど。  

あとがき

 ということで記事にすべくつらつらと書き連ねてみました。キュウコンを始めドット絵にはいろいろな味があるのでこれに興味を持ったら自分の好きなポケモンドット絵を見てみてください。新たな発見があるかもしれませんね。  今後のポケモンシリーズでは恐らく既存の3Dモデルの流用が多くなり、世代による姿の違いなどは失われていくと思いますが、3Dモデルを使った新たな表現法、次作でも早速ポケモンスナップみたいなのがあるのでそれに期待していきたいかなと思います。 

 

 今までの記事みてもこいつキュウコン使ってんのか分かんないけど6世代はずっとゲームでは使ってました。カードもゲロキュウとかしてましたがキュウコンbreakはまだです。次の更新もいつになるかわかりませんが気が向くたびに更新できればいいですね(他人事)明日からはエクステラで一喜一憂してます。

こみいちせんりひんれぽーと

イベントレポート

すぐ更新すると言ったな、ホントだよ。

いや明後日にはコミティアゲムマだしそっちのも書きたいから今の内にやっとかないとね、艦これイベもあるし。

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503194638j:plain

てな訳でこんな感じの戦利品。そこまで買ってないから全部サクッと紹介するゾ。

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503195130j:plain

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503195137j:plain

高苗床

前から布教されてた「妹のおてつだい」のサークルさん、総集編込みで揃えられました 新刊は姉本なのですが変わらず良いオネショタを見せてくれました(ぶっちゃけシコリティ高い)

妹のおてつだいの方はゆるシチュで兄弟だから故の背徳感とか特にないし後ろコス風呂コタツ水着とバリエもあって大変宜しいです

個人的に最初のアナル本と5巻目の水着本がめっちゃええぞ。ツインテは正義。

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503195608j:plain

SSB

先輩のお使いでちゃっかり自分の分も確保 あくまでコス本なので艦これ要素は無いですがシチュエーションレイヤー×カメラマンで非常にグッド、既刊の榛名本と今度の鹿島本も買いに行きたいなぁ

おまけの拡張本は小説だけどもともと裏小説とか大好物の人間なので余裕で頂きました。NTRあるから注意ね。

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503195806j:plain

のどまる日和

狐イラストの柚夏さんとこの、今回は猫表紙だけど タペストリーとかは財布に厳しいから新刊だけーと思ってたら品切れてしくじった所に鞄から十冊発掘した所で滑り込み購入できました、天才。

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503195901j:plain

flat plume

春雨義妹本、ぱっと見て全然春雨本無かったところに現れた光、対面で揺れる春雨可愛いエロイ

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503195946j:plain

ERIMO

サークル名と名前が一緒で探しやすかった。ERIMOさんのとこの最近抽選に当たるミラクルしたので突発で貢がなきゃと思ったんだけどスリーブ並びの後で品切れ多発でしくじり(取り置きとかしてないしそりゃそーだ) 凛ちゃん本と新刊のランジェリー本、甘娘大和ラバストを購入、色んなコスの凛ちゃんかわいい

歯磨き凛ちゃんツボでした。

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503200106j:plain

瓶詰少女

アイマスは適当に美希とかな子ととときんクルッと探してTLで気になってたこれだけ フルカラーだしおっぱい丁度良い大きい可愛い良かったよー、きょぬーは好きだけどきぬーは苦手なので、パッションリップあんまり好きくない(風評被害)

 

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503201346j:plain

本命のCakeRabbit

狐のプレマは買えなかったのでその他一個ずつ。交渉術に成功して近くに並んでた人とキャス狐スリーブとジャンヌスリーブとっかえて貰いました。大大々感謝です。ただこの量じゃ使えないだろうなぁ(保管品)

ではすぐのコミティアれぽーとでまたお会いしましょ。

こみいちこうどうれぽーと

イベントレポート

5/1のコミ1ことCOMIC1☆10に行ってきました!

この後コミティアにも行きたいことを考えるとGWにビッグサイト行きまくり祭りですねぇ、といわけでせっかくなのでイベントレポート!多分構築記事はもう乗せなさそう感熱い、だってすぐ使いまわすんだもの(ぎしを)

3:00 起床

ホントは徹夜する予定だったけど前日に酒を入れてしまったので就寝、特性上床で寝ると3時間で目が覚めるので朝はばっちし始発乗ってれっつらごー

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503190325j:plain

出発前の王たちの同人誌占い。

A4サイズの長編バトルもの(恐らく学園要素有り)で時事ネタ満載の「school」という同人誌を買います、中身の熱さにぬるぬるしてますがご了承下さい() って感じだろうか。

6:30 東京ビッグサイトとーちゃく!

カメックスメガバトルのこと考えてたら横浜まで幕張に行く気だったから危なかった……

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503183444j:plain

コミケじゃないから並び口はこっち。久々にビッグサイト感してる。この風景案外見ないからなぁ。朝は寒かったけど日が出てくると暑いし、とはいえ天気は良好で雨よりは万倍マシでした。

10:30 開場及び整列

カタログ持って恐怖の下が見えないエスカレーターを降りて気持ちは急いでCakeRabbitsに整列。15分で目的のキャス狐プレマ完売。

今日の目的に完全敗北した瞬間である。前回の夏コミも負けてるし徹夜死すべし。

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503184524j:plain

12:30~13:30

初列の買い物を終え、C1会場をぶらぶら油そば。依頼の品とかチェックしたとこ、アイマス型月艦これ辺りを浮遊した。

グラブル増えたし可愛いイラスト多いなーと思いつつ空の上の民になるとまた金喰いになるのが見えてるので我慢した。

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503184901j:plain

空に飛ぶにはそれなりに財力が必要なのである。どうでもいいけど今期のふらいんぐうぃっちいいよね。

13:30~ character1に移動

コミ1の横でやってるのがキャラ1。コミケでいう企業ブースに当たるのがこっち。

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503185221j:plain

入ってすぐに目に入ったのははいふりブース。話題としては上がったし見てる人は多いんだろうけどまだイマイチ燃えてないけどガルパンも最初はこんなだった気がするしこれからにwkwk。

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503185543j:plain

可愛いコンパニオンさん沢山いたし力はめっちゃ入ってました。

今回はキャス狐がいないんだからとFGOブースを傍目に一周。ぐだぐだキャス狐も好きだったんだけど今回は居なくて助かった。ガチャブースすげぇ混んでんだもの。

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503190039j:plainf:id:yasu0501fatestaynight:20160503190103j:plain

マチアソビでよくみたこの二台を実際に見れた方はよかった。

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503190623j:plain

個人的にこの狐っこが今回のC1宣伝隊の中で一番好き。

そんなこんなでフラフラしてたらゲームマーケットのブースに着弾。

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503190933j:plain

この中のいくつかが試遊できるとのことなのでお言葉に甘えて今回やったのがガルパンストリートファイターボドゲ。SFのはタイマンボドゲで読みあいとかが面白かったがあんまり1-1でやる機会ないなぁって感じでした。

ガルパンの方は元の基盤があるからか割としっかりしてた。きっと沢山のオタクが遊びに来てたのだろう、説明のおっちゃんの喉カラカラで飴舐めてました。お疲れ様でした。

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503192818j:plain

説明は難しいのだけれど、戦車の個性は出てました(エレファントとティーガ―にぼっこぼこにされながら)

元の方には歩兵システムとかがあるけどそっちは輸入してなかった。ただちゃんとパラメータとかは残ってるし歩兵駒(キャラ駒)もあったからきっと誰かが天才追加ルール作ってくれそう。ゲムマで先行販売らしいので買いに行きます。

15:30 会場離脱、秋葉原へ~帰宅

メロブよってカード見て、ホントは絵師100人展にも行く気だったのだけれど途中でこれを見つけてしまってガン萎え。転売厨め。せめて始発到着なら1つ位は買わせてくれないものだろうか。

f:id:yasu0501fatestaynight:20160503193849j:plain

え、買うわけないじゃん、ばっかじゃねぇの。

戦利品に関しては長くなりそうなので別記事にします。勉強の方のレポートやる気でないからすぐ更新すると思うよ。Twitterのをまとめるだけだし。

ではおさらばー。

ポケカのらくがき(サークル新歓用)

ポケモン(カード)

サークルのポケモンカード体験会用配布資料をサクッと投下。先輩からのツッコミや言いながら思い出したことで保管してるからこれを鵜呑みにしないように(ガバガバだから公式ブログは勘弁してください) 

I.はじめに

というわけでポケラバーズの会で現在学祭カード班の班長を担当している三年生のぎしぎし(@gishigishi35)です。

ポケラバに新入生が来てくれる要因として、基本的にはゲーム(レート勢とか過去作のみとかは置いておいて)、まぁあってアニメって人が多いと思います。ポケモンカードをやりに、という人は比較的珍しいのではないでしょうか。だいたい毎年こんな感じです。

それでもウチに入ってからポケモンカードを始めてくれる人は案外多く、今回はそのちょっとしたスタートダッシュの手助けになればなという感じでこの資料を用意させて頂きました。前置きはこれくらいにして拙い内容ですが読んでもらえると嬉しいです。(印刷の都合上ギュウギュウですみません)

II.ポケモンカードゲームって?

ゲームソフト「ポケットモンスター」シリーズの世界を、カードゲーム化した「ポケモンカードゲーム」。

いろいろな楽しみかたがあるポケモンの世界でも、とくに「対戦」にしょうてんをしぼったポケモンカードゲームは、ルールにそって作りあげた自分だけのデッキ(60枚または30枚のカードの束<たば>)で、戦略的(せんりゃくてき)バトルを楽しめるのが、一番の魅力(みりょく)!

とは公式ホームページよりの抜粋。実は日本では一番歴史のあるTCG(トレーディングカードゲーム)だそうです。簡単に言うとお互いのポケモンで攻撃しあって相手のポケモンを倒してサイド、と呼ばれる報酬を手に入れていくゲームです。ゲームの流れとかはここに書くより公式ホームページを見るなり先輩たちとやって学んだ方が早いと思うので割愛。今回は始めるにあたっての簡単な注意事項やお勧めの構築済みデッキ、横浜のカードショップやデッキレシピとかをメインで、細かいことはセンパイとどんどん交流していってくれることが大事かな、と思いますので是非に。

http://www.pokemon-card.com/ 公式ホームページはこちら。

 

III.レギュレーションについて

カードを買う、その前にポケモンカードゲームにおいて注目しなきゃいけないのがレギュレーションの確認です。簡単に言えば発売時期で昔のカードが使えたり使えなかったりするわけです。これの確認をしたうえでカードを集めたりしていきましょう。

http://www.pokemon-card.com/event/regulation/ レギュレーションについてはこちら。

 

1.XYレギュレーション

現在発売されているカードがこれに該当します。公式大会、サークル内大会とかも基本はこのレギュレーションです。

2.BWレギュレーション

上記XYレギュレーションで使用できるカードにその前に発売されていたBWシリーズのカードをくわえたもの。3年生以上はこのレギュレーションでやっていたことも多いので話せる人は多いです。公式大会でもまだ出番があります。

3.殿堂レギュレーション

ほぼすべてのカードが使えるレギュレーション。サークル内でも知っているのはごく一部かも。自分はほとんど知りません。現在公式大会での出番は少なめ。

 

簡単な説明だと上記三種です。他にも裏面が昔のころのカードを用いる「旧裏」などありますが、カードを始めるにあたって皆さんに集めて欲しいのはXYレギュレーションになります。他はおいおい知っていければですが、ひとまずレギュレーションが存在する、使えないカードがある、ということを頭に入れておいてください。

IV.まずはこれを買おう、集めよう

大きく分けて以下の二つがポケモンカードトレーディングカードを始めるのに大事なアイテムです。

A.カード

もちろんこれがないと始まりません。ポケモンカードは60枚ジャストで戦うスタンダードデッキが基本です。半分の30枚で戦うハーフデッキもありますがまずはスタンダードデッキを組みましょう。デッキの組み方については詳しくは後程。具体的にカードの集め方については以下の3(4)パターンがあります。

 

1.構築済みデッキ

60枚(30枚)の決められたカードが確定して入っているデッキです。デッキを組むにあたって必須級のカードも入っているのでとりあえず困ったらコレを買いましょう。どの構築済みを買えばいいの?についてはこれも後程。

2.パック

5枚で1パック。そのシリーズのカードがランダムに入っています。一応レア枠などある程度決められた枠がありますがこれでデッキに入るカードをすべて集めるのは至難の業。ちょこちょこ買うか、新しいパックの発売日に買い集めるのがメインです。

3.シングル買い

カードショップに赴き、一枚いくらで好きなカードを買います。単価としてはパックより高くなることが多いですが確実に手に入るので構築済みデッキにないカードはこれで集めるのが基本です。カードショップ以外でもサークル内でカードを集めたり(そのためのlineグループがあります)、慣れてきたらヤフオクで集めたりすることもあります。

4.プロキシ

コピーカード。印刷してスリーブのカードの上に差します。もちろんこれを使って公式大会にでることはNGですが、サークル内大会ではOKです(ウチの場合。他のサークル大会や、学祭大会ではこの限りではありません。) カードを買う前に調整で使う、複数デッキを作る際によく使います。初めてで公式大会にまだ出る気がないならならこれで60枚のデッキを作るのを個人的にはお勧めします。お金は印刷代で済みますので。

B.カードサプライ

せっかくの大学生でカードデビュー、カードだけでも始まりません。カードサプライ、サプライ(消耗品)といっても大事に使えば消耗しないものなのでこちらも大事なものです。

1.ポケモンコイン

ポケモンカードをする上で必要なもの。サイコロで代用する人もいますが一枚は持っておきましょう。構築済みデッキについてくることも多く、あるいは先輩から仕入れるのがベター。単品で扱っている所もあります。

2.ダメージカウンター

ポケモンカードをする上で必要なものその二。ポケモンに蓄積しているダメージを表すのに必要。現在アクリル製のものがあまり出回っていないので、構築済みデッキの紙製のもの、サイコロで代用することもあります。

3.スリーブ

カードを入れるもの。カードが傷ついたり、日焼けしたりするのを防ぎます。せっかくカードを集めてデッキにしたなら少なくともその60枚はスリーブに入れてあげましょう。使わないカードでも光っているなり大事なカードなら安い透明スリーブに入れておくのが無難です。キャラクターのイラストが描かれていたりするスリーブなら二重スリーブ、というスリーブの上にするスリーブでキャラクタースリーブを守るのもいいかもしれません。どこまでスリーブに拘るかは人それぞれですが重要な一種です。

4.デッキケース

デッキを入れるもの。輪ゴムでまとめるのはカードのためにもよろしくありません。ポケモンカードの場合60枚を入れるのでサイズには気を付けましょう。

5.プレイマット

これはそこまで重要なものではないですがカードを置くマットです。カードが机の汚れなどで汚れることを防ぎます。

V.どこで買おう、集めよう

上記のカードやサプライは基本的にはカードショップやポケモンセンター、電気屋、ゲームショップにおいてあることが多いです。横浜駅周辺で買うことができるお店などをいくつか紹介。

1.ポケモンセンターヨコハマ

構築済み○ パック○ シングル× サプライ○

横浜駅、からはちょっと遠いですが桜木町駅から徒歩五分。ポケモン柄のサプライなども置いてあります。シングル買いはもちろんできませんので注意。誕生日月だと5%オフサービスがあります。

2.ヨドバシカメラ横浜西口店

構築済み○ パック○ シングル× サプライ○

横浜駅近くの電気屋さん。10%ポイント還元。安定した安さがあります。注意点としてはデッキなどについてくる特典の対象店になりにくいこと。BOX購入キャンペーンなどもあるので注意してみましょう。

3.ブックオフ横浜ビブレ8F

構築済み× パック× シングル○ サプライ×

ブックオフハードオフではシングルだけ取り扱っている所もあります。シングル買いの中では安いことが多いですが、種類が少なめ。

4.イエローサブマリン横浜ムービル店2F

構築済み○ パック○ シングル○ サプライ○

カードショップその一、通称イエサブポケモンカードを取り扱いしているカードショップは限られていますが、シングル買いの種類の多さはブックオフに比べれば多く、探しやすい。

5.アメニティードリーム横浜GAMERSビル8F

構築済み○ パック○ シングル○ サプライ○

カードショップその二、通称アメドリ。最近取り扱いを始めたので昔のカードは少なめですがコモンカードのまとめ売りなどをしています。

 

ここからは特殊な例。

 

6.通販

アマゾン、駿河屋、ヤフオクなど。普段ネット購入に慣れているなら相場より安く仕入れることもでき、家に届くので楽かも。

7.サークル員から

カードやサプライを余らせている先輩もいます。身内価格や売値で買えることもできるので一先ずここで聞いてみるのも大事。

8.遠征

ポケカを探しに世界の果てまで、というのは冗談として現在一番汎用的にカードの種類と値段が整っているのは秋葉原だと思われます。足を運ぶ際は先輩にどこで売ってるか確認しましょう。また、僻地()にこそ穴場はありますので里帰りの際には地元のカードショップを探してみるのもいいかもしれませんね。「横浜でのカードの購入費<遠征先での購入費+交通費」 では本末転倒になりかねませんのでご注意をば。

もちろん、横浜まで定期が無い方もいると思うので自分の定期圏内にそういったお店がないか先輩に聞いてみるのも良いでしょう。

VI.デッキの組み方

ルール等をある程度理解したらデッキを組みましょう。一応公式ホームページにもデッキレシピが掲載されていますが、ちょっとエネルギーが多かったりします。優勝者のデッキレシピもあるので一回は覗いてみてもいいかもしれません。

http://www.pokemon-card.com/levelup/recipe/ 公式デッキレシピはこちら。

また、デッキを作るにあたって、カードの詳細が知りたい、このポケモンはどんなカードになっているのだろう、というときは公式ホームページのポケモンカードけんさくを有効活用しましょう。最近は発売直後のカードでも載せてくれているので非常に便利です。

 デッキの組み方、といっても色々な種類のデッキがあるので一概には言うことができない面もありますが、基本的な配分としては

ポケモン10~15枚

サポート10~15枚

グッズ&スタジアム25枚前後

エネルギー10枚前後

とかが無難だと思います。正直デッキによりけりなのでこう思うって言われると俺もそう思うって返します。

 

というわけで、デッキを組むに当たって重要なカードをいくつか紹介します(画像持ってくるの面倒だからブログは画像なしで)。

1.プラターヌ博士

「自分の手札をすべてトラッシュし、山札を7枚引く。サポートは、自分の番に1枚しか使えない。」

サポートの中で手札の入れ替えが安定するカード。基本的に4枚入れるカードの一つ。

2.N

「おたがいのプレイヤーは、それぞれ、手札をすべて山札にもどし、山札を切る。その後、それぞれ、自分のサイドの残り枚数ぶん、山札を引く。サポートは、自分の番に1枚しか使えない。」

 序盤は自分の手札交換に、後半は相手の手札を少なく交換させるためにと使い勝手のいいカード。

3.バトルサーチャー

「自分のトラッシュからサポートを1枚選び、相手に見せてから、手札に加える。 グッズは、自分の番に何枚でも使える。」

一回使ったサポートを再使用できるカード。いざというときのドローカードや、勝負を決めるカードになるだろう。

4.シェイミEX

「特性 セットアップ この特性は、このカードを手札からベンチに出したとき、1回使える。自分の手札が6枚になるように 、山札を引く。

ワザ** スカイリターン

このポケモンと、ついているすべてのカードを、手札にもどす。」

非常に強力な特性、技も優秀。このカードを倒されない立ち回りは重要だが、サポートを使わずに手札を増やすことができる数少ない手段である。

5.ハイパーボール

「このカードは、自分の手札を2枚トラッシュしなければ使えない。自分の山札からポケモンを1枚選び、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。」

好きなポケモンを持ってくることができるカード。前述のシェイミと組み合わせて一気に山札を引くことも可能。

6.バトルコンプレッサー

「自分の山札から好きなカードを3枚まで選び、トラッシュする。そして山札を切る。」

シンプルに強いカード、バトルサーチャーと組み合わせて好きなサポートを使うことも可能。デッキの圧縮にも最適。

とまぁ汎用カードはこんな感じになります(本当はもっとたくさんあります)。では次に一部のお勧めパック、構築済みの簡単な説明。

 

A.構築済みデッキ

プラターヌ博士や、ハイパーボールが十分量収録されている。

・パーフェクトバトルデッキ60「ジガルデEX」

1,556円+税

メレシーやレジロックEX、ジガルデEXなどの闘タイプの優秀なカードが収録。Nやストロングエネルギーなども収録してあり、これに少し足せば十分機能できる。サーチャー、コルニがないのが惜しい。

・BREAKコンボデッキ60「ゴルダックBREAK+パルキアEX」

1,556円+税

バトルサーチャーが一枚と、カスミのやる気が収録。

・メガバトルデッキ60「メガレックウザEX」

1,556円+税

フラダリ、メガターボ、レックウザEXや、ダート自転車、ダブルドラゴンエネルギーにも注目。サーチャーはない。

・ハイパーメタルチェーンデッキ60「ディアルガEX+ギルガルドEX」

1,000円+税

安い上にドータクンギルガルドEXなどの優秀なカード、バトルサーチャーが二枚収録。特に希望がなければ最優秀といえる構築済みデッキ。紙のダメカンとコインが無いことが特徴。

B.強化セット

中身は確定だがこれだけではデッキ足りえないセットをいくつか紹介。

・バトル強化セット 草/闘

650円+税

コルニやストロングエネルギー、活力剤などのカードが収録。ジガルデデッキと合わせて。

・バトル強化セット 炎/雷

650円+税

サンダースEXが収録。

C.パック

パックはお勧めしたくないんだけどそれでもお勧めできるのがこちら。

・プレミアムチャンピオンパック「EX×M×BREAK」

463円+税

4/16日発売のパック。先ほどのシェイミやバトルコンプレッサー、バトルサーチャーに加え、大会優勝に使われたカードを多数収録し全てがホイル加工。単価が高いことに難ありだが、まだ何も持ってなくてその気があるならばこれを数箱買うのをおすすめしたい。しかし高い。

VII.公式大会

最後に、デッキを完成させたなら、それをサークル内でだけ使うというのもいいですけども、ちょっと足を運んで公式イベントに出てみましょう。

1.ジムバトルなどの定期ミニイベント

夕方に上記のイエサブやアメドリで行われたり、たまにポケセンで行われたりする。時期ごとに勝利景品があったり、限定パックが貰えたりする。プロキシが抜けたらまずはここから。

2.メガバトルなどの大型イベント

朝から並んで幕張やパシフィコ横浜で行われる。春先に行われるメガバトル(今年はカメックスメガバトル)と秋に行われるバトルフェスタの年二回の大イベントだ。参加自体はすぐに可能なので是非。

初心者向けの話だから詳しい日程とかは省くので興味あったら周りの先達に聞きましょう。新入生の目標はやっぱり秋のバトフェス参加だと僕は嬉しいですが、まずは各々のポケカの愉しみを見つけてください。以上!